MENU

電気が30A(アンペア)までしか選べない?単相2線式から単相3線式に変換すれば40A以上にできる

単相3線式切り替えアイキャッチ

古い建物に住んでいると、電気の契約を30A(アンペア)までしか選べないことがあります。

30A以下だと、ブレーカーが頻繁に落ちてかなり不便です。

とくにエアコンなどで電気の容量が必要な冬場や夏場は、毎日のようにブレーカーが落ちたりしてかなりストレス。

この記事では30A以上に上げられない原因から電気容量を40A以上にあげる方法、どうしても上げられない場合の対策を解説していきます。

電ドリ親方

アンペア数をあげれられない場合の対策も紹介しているから要チェック!

目次

電気の容量を30A(アンペア)以上に変更できない原因・理由

30アンペアを変更できない理由はいくつかありますが、そもそも建物の電気設備が30アンペア以上に対応していない可能性あります。

マンションなどで個別にアンペア数を設定できないケースもありますが、戸建であれば電気設備が古いからという理由がほとんどです。

  • 配線方式が30アンペア以上に対応していない
  • 分電盤(ブレーカー)が30アンペア以上に対応していない
  • 電線が30アンペア以上に対応していない

配線方式が30アンペア以上に対応していない

30アンペアよりもあげられない場合、「単相2線式」という配線方式になっている可能性があります。

単相3線式」という配線方式に変えることで解決しますが、電気工事が必要です。

単相2線式は1990年代以降の建物では特別な理由がない限り使っていないようですが、それ以前の建物で30アンペア以上にできない場合は「単相2線式」の可能性があります。

見分け方は分電盤に記載れているのを確認するか、ブレーカーに赤、黒、白の電線が3本繋がっている場合は単相3線式、赤と白の2本しかない場合は単相2線式です。

また一部例外がありますが、電柱から電気メーターに3本となってメーターにつながっていれば単相3線式で2本なら単相2線式です。

単相3線式の画像
左から白、赤、黒の3本なので単相3線式

単相3線式にすることで30アンペア以上にあげられるのと同時に、200Vの電力も利用可能になります。

電ドリ親方

200Vが必要な家電は、IHコンロや大きい部屋用のエアコンなど

分電盤(ブレーカー)が30A以上に対応していない場合

分電盤とはアンペアブレーカーや漏電ブレーカーなどがついている配電設備のことです。

古いタイプの分電盤
分電盤(古いタイプ)

外部からの電線を分電盤につなぎこみ、分電盤から各部屋へ配電する仕組みになっています。

この分電盤についているブレーカーなども管理できる最大の容量が30Aになっている場合、交換が必要です。

目安としては蓋がついていないタイプは古いので、30Aまでしか対応していない可能性があります。

ほとんど本体に対応アンペア数が書いてあるので、確認してみてください。

上の画像だと、垂れ下がっているタグに記載されていました。

上限30アンペア確認箇所
30アンペアを超えるとブレーカーが落ちると注意書き

分電盤の交換も電気工事が必要になります。

電線(根幹ケーブル)が30アンペア以上に対応していない

使用している電線にも種類があり、対応している許容電力(最大何アンペアの電力まで流せるか)が違います。

  • VVF 2.6 ㎡ 許容電流 32A
  • CVT 8m ㎡ 許容電流 62A

いま利用している電線がVVF2.6㎡であれば32Aまでの電力しか使えないので、CVT8㎡に交換する必要があります。

これも自分で出来る内容ではなく、電気工事が必要になります。

電ドリ親方

分電盤からコンセントまでなど使う場所によっては許容電流が低い電線でも問題ない場合もあるんだけど、大元の電線(根幹ケーブル)は30アンペア以上に対応している必要があるよ

30A以上を使える電気工事の費用は?単相2線から単相3線に変換する場合

工事の項目が多いほど金額も高くなりますが、今回紹介した3つ全てを交換するケースが多いです。

電ドリ親方

30Aまでしか使えないのは古い時代の配電設備(建物が古い)の可能性が高いから、どれか1つだけを新しくしているという状況が少ないんだ

3つ全て交換すると、87,780円~20万円程度が目安※価格帯は自宅を見てもらったのと、電気工事店の施工事例などから探してきました。

幅があるのは電気工事店によって価格が違うのはもちろんのこと、ほかにも立地や環境で高所作業車が必要だったりなどで価格に差が出るようです。

建物の環境と状況によるため正式な金額はわからないので、いちど見積もりをしてもらうのが間違いありません。

うちは電力会社にブレーカーの不具合を見てもらったときに聞いたのですが、40アンペア以上使うにはフルで工事が必要だから概算で20万くらいはなりそうと言われました。

単相2線から単相3線に変換する工事はどこに頼めば良い?

電気工事というと電力会社が工事するものと想像するかもしれませんが、じつはちょっと違います。

大手電力会社に依頼しても単相2線から単相3線へ変換する工事をしてくれますが、実際に工事するのは自社ではなく別の電気工事会社

そのため中間マージン(手間賃)が発生して料金が高くなります。

電気工事会社が電力会社の子会社やグループ会社の場合もありますが、それでもやはり自社で工事をしているわけではないため料金は高めです。

建物を建ててくれた工務店さんなども同じで、アンペアを増やす工事を受けてくれるかもしれませんが電気工事は電気工事店に頼むことがほとんどなので中間マージンが発生してしまいます。

電ドリ親方

今まで電気のことも工務店さんに頼んでたけど、電気工事店に直接見積もりを取ったら半額近くになったなんてケースもあるよ。工務店だと昔からの付き合いとかあるかもだけど、電気は電気工事店の方が安くなる可能性が高いかな

そのため、電力会社や工務店から見積もりを取るとしても、電気工事専門店からも見積もりを取っておいた方が絶対に良いです。

おすすめの電気工事店

電気工事の見積もりを依頼するなら「電気の工事屋さん」がおすすめ。

  • 全国対応
  • 自社施工なので低価格
  • 最短30分で出張OK※地域により

電気の工事屋さんであれば自社施工なので、そのぶん低価格で電気工事を請け負ってくれます。

また料金設定のとても分かりやすく、出張費3,300円と部品代、実作業費用のみなので、不自然に金額が高くなることもありません。

工事関係の金額は素人にはよく分からない項目が入っていたりするので、明朗会計なのはとても安心です。

単相2線式から単相3線式への切り替えも87,780円(税込)と最安級の実績があるので、かなりお得に切り替えができる可能性があります。

見積もりだけならかんぜんに無料ですし、もしも工事を依頼しない場合にしつこい勧誘もありません。

複数の電気工事店で相見積もりをとるのがより間違いないですが、電気の工事屋さんからはまず見積もりをとっておくことをおすすめします。

\ 工事費をお得にしたいなら /

最大30アンペアまでしか選べないデメリット

最大30アンペアだと漏電ブレーカーが落ちることも

単相2線では30アンペアまでしか設定できませんが、これは漏電ブレーカーも同じです。

30アンペア以上設定できない場合は漏電ブレーカーも30Aが上限になります。

通常はアンペアブレーカーが落ちますが、漏電ブレーカーの上限が同じく30Aの場合は漏電ブレーカーが落ちてしまう場合も。

漏電しているわけではないのに漏電ブレーカーが落ちてしまうので、いちいち漏電の心配もしなければなりません。

大概は大丈夫かもしれませんが、万が一漏電していることを考えるといちいち目視で怪しい箇所をチェックしなければならないので、これがなかなか時間がかかりストレスです。

同時に使う家電を考える必要がある

同時に使える電力が30アンペアと低い場合、同時に使う家電を考えなければなりません。

とくに電子レンジが電気の容量をくうので、一人暮らしでも自炊をする場合は結構ぎりぎりです。

暖房をつけながら電子レンジ、炊飯器、湯沸かし器などを同時に使うと30アンペアを超えてブレーカーが落ちることも。

家族で住んでいる場合は料理を使うときは暖房を消すなどの工夫をしなければすぐにブレイカーが落ちてしまうので、けっこう不便です。

とはいえ、どうしても電気の契約アンペア数を上げられない人のために家電の電気量の目安を紹介するので、参考にしてみてください。

消費電力の高い家電の目安!同時使用でブレーカーを落とさないために

家電のアンペア数目安
昔の家電の電力量

うえの画像はうちのブレーカーについていた50年前の電力量の目安なのであまり参考にしないでください。笑

以下に電力量の大きい&同時に使うことの多い家電を紹介するので、ブレーカーが落ちる場合はこれらをとくに同時に使わないように気をつけて工夫してみてください。

メーカーやサイズによって大きく変わるのであくまで参考程度でお願いします。

品名アンペア数
エアコン10畳用(暖房)立上時20A:6.6A
エアコン10畳用(冷房)立上時14A:5.8A
電気ストーブ10A
電気カーペット3畳用8A
電子レンジ30L15A
冷蔵庫450L2.5A
洗濯機洗濯2A:乾燥13A
ドライヤー12A
湯沸かし器(電気ケトル)10A
アイロン14A
IH炊飯器5.5合炊飯時13A
テレビ42型液晶2.1A:プラズマ4.9A
電力量の大きい&同時に使うことの多い家電

基本的に温める家電は電力量が高いです。

エアコンや炊飯器なども立ち上げ時がいちばんアンペアが高くなり、一定の温度になったり保温になると消費電力が下がります。

そのため、エアコンをつけたばかりでご飯の支度などをするとブレーカーが落ちる可能性が高くなります。

ここには記載していませんが、照明やスマホ、パソコンの充電なんかでも電力を使用しているので、つねに30Aを丸々使えるわけではありません。

電ドリ親方

30Aだとエアコンや暖房器具をつける時期は気をつけてもブレーカーが落ちないようにするのはなかなか厳しいんだよね

とはいえ、どうしてもアンペアを上げられないという場合は以下の方法を試してみてください。

30Aしかない時の電力のうまい使い方・節電

暖房器具でエアコンを使っているのであれば、ガスストーブに変えると1~2アンペア程度になるのでだいぶマシになります。

また、エアコンはつけ始めが一番電力消費が高いので、ガスストーブで温度をあげてその後にエアコンをつけるなどの方法もあります。

ほかには節電のためにドライヤーをやめて自然乾燥を推奨しているブログなどもありますが、個人的にはあまりおすすめしません。

たしかに節電にはなりますが、ドライヤーを我慢するほどの生活をするのってどうなの?と感じてしまうからです。

ドライヤーを我慢した代わりに体調が悪くなったりしたらたまったもんじゃありませんし。

それであれば、40アンペアなどに容量をあげてしまった方がストレスも減って快適に過ごせると思います。

上げられない場合は先ほどのアンペアの目安を見て調整してみてくださいね。

電ドリ親方

賃貸とかでどうしようもない場合もあるけど、今後のことを考えると早く容量をあげたほうが快適に過ごせる時間が長くなるよ

30アンペア以上に変更できない時の原因と対策のまとめ

単相2線式で30A以上に上げられない場合、単相3線式に切り替える必要があります。

なにかしらの理由があって工事ができない場合、消費電力の高い家電の同時使用を控えるなどの工夫をして過ごすしかありません。

電ドリ親方

かなり不便でブレイカーが落ちるたびにストレスが溜まると思うけど、なんとか頑張ってほしい

費用で迷っているようであれば、個人的にはすぐに切り替えることをおすすめします。

というのも、ブレーカーが落ちまくるストレスってすごいんですよね。

さらには便利な家電がどんどん発売されていきますが、うかつに購入することもできません。

他の家では食洗機などで楽に時短をしているなか、

  • うちでは電子レンジを使うたびに暖房を切ったり
  • 誰かがドライヤーを使うときにテレビを消したり

こんな無駄な時間ややりくりを一度の出費でなくせるなら安いものです。

とはいえ工事費用はピンキリなので少しでも安いところに頼むためにも、まずは見積もりを数社から取り寄せることでお得な業者を選ぶことが可能です。

なかでも電気の工事屋さんは全国対応で87,780円(税込)と最安級の実績があるので見積もりは取るべき。

あとは一応、地域の電力会社と付き合いがあれば工務店さんなどから見積もりをしてもらって見比べれば間違いないと思います。

それでは、少しでも安く電気に縛られない快適な暮らしを手に入れられますように。

\ 工事費をお得にしたいなら /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる